タイマッサージスクールのカンタン用語集

タイマッサージを習ってみたいけど、全くやったことがないから授業についていけるか不安…

タイ語できないけど、大丈夫かな…?

こんなご相談を受けることがあります。

答えを言ってしまうと、「それは大丈夫」です。

ただ、異業種・同業種関係なくレッスンを受ける際には、その業界やスクール、先生によって専門用語がでてきます。

今回はその中でもタイマッサージのレッスンを受けるときに割と共通な専門用語をご紹介します。

少なくとも、BAAN DEE DEEやチェンマイのCCAはこの言葉を使っていますので、良かったら参考にして見てくださいね。

レッスンで使われる用語はコレ!

レッスンでは、指で押すやり方や、その他の身体の部位を使って押すやり方を記号で表しています。

圧し方の用語と書き方~手のひら編

    • PP(ピーピー)・・・Palm Press(パームプレス)
      手のひらで、ラインの上や筋肉を面で圧す方法。プレッシャーが広く深いので、ウォーミングアップなどに使う。
    • TP(ティーピー)・・・Thumb Press(サムプレス)
      親指の腹でエナジーポイントやラインを圧す、基本テクニックです。
    • PC(ピーシー)・・・Palm Circle(パームサークル)
      手のひらで、筋肉を大きく回し揉む方法。筋肉をリラックスさせることができるので、大きい筋肉や強くポイント圧しをした後などに使う。
    • TC(ティーシー)・・・Thumb Circle(サムサークル)
      TPで強く圧した後に、筋肉をリラックスさせたり、小さい部分の筋肉をほぐすときに使う。
    • バタフライ・・・Batterfly
      手のひらをちょうちょの形のように手根と手根を合わせる。太ももなどの大きな筋肉を圧迫するときに使う。

     

  • 圧し方の用語と書き方~身体の部位編

      • AP(エーピー)・・・Arm Press(アームプレス)
        腕を使った圧し方。筋肉の柔らかい部分と骨の当たる部分で与える強さが変わるので、使い分けるととても便利。
        僧帽筋や背中の筋肉、太ももなど大きい筋肉におすすめ。

     

      • AR(アームローリング)・・・Arm Rolling(アームローリング)
        腕で圧迫&回転させながら行う方法。広い筋肉におすすめで、肩(僧帽筋)や足裏に使う。
        ただ転がせばいいのではなので、これは見よう見まねでなく、ちゃんと教わった方がいいテクニック。これがうまくできるとちょっと嬉しい。

     

      • EP(イーピー)・・・Elbow Press(エルボープレス)
        肘で圧すテクニック。鋭く使うことができるので、親指の代わりになる。
        親指をフォローしながら施術をするのにとても役立つテクニック。

     

      • KP(ケーピー)・・・Knee Press(ニープレス)
        膝で圧すテクニック。広い面で圧すことができるので、ピンポイントで圧されると痛い部分に優しい圧を入れたり、強く圧すこともできる、万能部位。

     

      • FP(エフピー)・・・Foot Press(フットプレス)
        足裏で圧すテクニック。手では圧しにくい部分(仰向けでの腿裏など)や、手でのプレッシャーでは圧が足りない時に有効。足裏の関節部、中央部、かかと、側部で使い分けると様々なプレッシャーコントロールができる。
        面が広いので、広く優しく強く、が可能。

       

      ストロークの用語集

        • 往復ストローク①・・・1-2-3-2-1(イチ・ニ・サン・ニ・イチ)
          圧す個所のストローク。圧したい個所を3等分または2等分にして、往復する。
          テキストにメモするときは「12321」と書くと後で見やすい。

       

        • 往復ストローク②・・・〇往復/〇往復半
          1-2・1-2のリズムのウォーキングストローク。
          個人的には、テキストにメモを入れる際「往復」と書くと画数が多くて面倒くさいので、
          「return」の意味の「rt」を使って「1~3rt」(1~3往復)と書くのがおすすめ。

       

        • 強弱のストローク・・・S・M・H(ソフト・ミディアム・ハード)
          ポイント圧しをするときなど、徐々に強くすることで筋肉に負担をかけない方法。
          自分の指にも負担が少なくなる。
          テキストにメモをするときは「SMH」と書くとラク。

       

      いかがだったでしょうか?

      BAAN DEE DEEやチェンマイのCCAは、テキストにも「PP」「TP」と書かれていますので、
      事前に覚えておく(理解しておく)と、いざレッスンの時に、頭に入りやすいと思いますよ。

      よかったら参考にしてみてください。

関連記事

  1. タイマッサージの時って何を着るの?

  2. タイマッサージレッスンの1Dayルーティン

  3. タイマッサージの学校選び。どこで学ぶのがおすすめ?

  4. かかと座りが痛い問題について

  5. まるっとタイ古式コースがおすすめな3つの理由

  6. スクールのよくある質問【コースの選び方編】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

IMG_6164mini (2)

1980年生まれ千葉県出身。
バンコク式タイマッサージセラピストを経て、チェンマイ式のCCA認定インストラクターとセラピストをしています。
わたしの口癖「いいね!」はタイ語で「Dee Dee!」
いいね!が集まるサロンにしたくて『Baan Dee Dee』というサロン名にしました。

\Follow Me/

スクール公式LINEアカウントでは無料レッスン動画配信中!
サロン公式LINEアカウントではお得なクーポンと先行案内配信中!
友だち追加&インスタフォローお願いします!