タイマッサージの時って何を着るの?

タイマッサージはリラックスできて動きやすい服装がおすすめ

タイマッサージは「二人で行うヨガ」「なまけものののヨガ」とも言われ、もみほぐすだけでなく、セラピストがあなたの身体を勝手に(笑)ストレッチさせます。(もちろん無理にストレッチしたり、痛みを我慢するほどやったりはしません。イタキモ~を、目指します)

なので、動きやすい服装がおすすめ。
脚が動かしやすい、ストレッチが効いている、布が固くない、腰周りが固くない、などなどがポイントです。

NGは、スカートやジーパン、伸びない・固い・薄すぎる素材などです。

動きやすい服装って?

動きやすい服装というと、ジャージ?スウェット?
普段運動しないから持ってない!またはダサダサの部屋着しかない!
という方もご安心ください。
詳しく書いていきますね。

【サロン】マッサージを受けに行く場合

サロンへタイマッサージを受けに行く場合は、サロンにお着換えが用意されています。
着てきた服のままだと、リラックスがしにくかったり、セラピストが施術しにくいことがありますので、
用意されているお着換えに着替えましょう。

タイっぽいタイパンツなどが用意されていることもあります。
異国気分を味わうのもいいですね。

BAAB DEE DEEでは、スウェットとタイパンツ両方ご用意しています。
お好みでお選びください。

【スクール】マッサージを習いに行く場合

スクールやワークショップの場合は大抵「動きやすい服装をご持参ください」と言われると思います。

具体的にどんな服装がいいのでしょうか?

プロセラピストさんたちを見ると、至ってシンプルです
トップスは、首回りがスッキリしているTシャツやロンT、
ボトムスは、滑らない素材のスウェットやタイパンツが多いですね。

また、施術中は暑く、モデルをしている時は寒くなったりしますので、羽織るものを用意するなど着脱できるように準備しておくのがおすすめです。

Tシャツ、ロンTはユニクロやGUなどプチプラアイテムを着ている方が多いです。
生地もしっかりしているのでおすすめですよ。

インナーについて

これも良く聞かれるのですが、マッサージを受けるときはブラトップなど締め付けのないものがいいでしょう。
気にならなければ、ブラジャーなどは外してしまっても大丈夫です。
ガードルや着圧レギンス、タイツなどは脱いでください。

冷え性の方は、靴下は履いたままでも結構ですが、足湯などがありますので、その時は脱ぎます。

レッスンの時は、自分が動きやすければOKです。
靴下もOKですが、おすすめは薄手のレッグウォーマー。
足首も冷えないし、薄手ならレッスン中も邪魔になりにくいです。

 

いかがだったでしょうか?
もし、服装についてご質問などがあればお気軽にご質問くださいね。

Follow me!

関連記事

  1. タイマッサージスクールのカンタン用語集

  2. 施術中に腰が痛くなってくる。その理由。

  3. タイマッサージの学校選び。どこで学ぶのがおすすめ?

  4. タイマッサージレッスンの1Dayルーティン

  5. まるっとタイ古式コースがおすすめな3つの理由

  6. タイマッサージを受けてみタイ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

IMG_6164mini (2)

1980年生まれ千葉県出身。
バンコク式タイマッサージセラピストを経て、チェンマイ式のCCA認定インストラクターとセラピストをしています。
わたしの口癖「いいね!」はタイ語で「Dee Dee!」
いいね!が集まるサロンにしたくて『Baan Dee Dee』というサロン名にしました。

PAGE TOP