チェンマイ式とバンコク式

タイマッサージの種類と形

よくタイマッサージは、「バンコク式とチェンマイ式があるんですよね」といわれますが、
実はそれは合っているようで違うような分け方なのです。
タイではどちらも民間のマッサージですが、地域の特徴があるため、
外国人がわかりやすくするためにバンコク式・チェンマイ式と言い始めました。

タイマッサージは、
・ラーチャサムナック(宮廷)のマッサージ師によるマッサージ
・チャルイサック(非公式)いわゆる民間のマッサージ師によるマッサージ

にわかれます。

ラーチャサムナックのマッサージは、国王や王族などに献上するマッサージ、
チャルイサックは街やお寺、病院や教育施設で一般に広がっているマッサージです。
宮廷内のマッサージ局がラーマ6世時代に廃止されたときに、マッサージの師たちはそれぞれの地域に戻りその地域の文化によってまた異なる地域性のあるマッサージへと別れていきました。

チェンマイ式とは

よくわたしたちが耳にするバンコク式・チェンマイ式は、そのタイ伝統医学をもとにバンコクで改めてまとめられたものがバンコク式とよばれ、チェンマイ式は、チェンマイのシントン氏がワットポー伝統医学校で学び、教鞭をとった後、チェンマイのオールドメディソン(シワカ伝統医学病院)を開き、そこで教え始めたタイマッサージがチェンマイ式と言われています。
これは、バンコク式をベースにストレッチを特徴とするランナースタイルのマッサージを集めて作られたものです。

実は、チェンマイはタイ王国となる前はランナー王国という別の国でした。
タイ伝統医学と同じようにチェンマイにもランナー伝統医学が存在し、その影響も受けているのが特徴です。

ちなみにタイ国民は厚生省式という、厚生省(保健省)でまとめられたものを習うことが多いようですが、
チェンマイにあるスクールの先生方はこのオールドメディソン出身の先生が多いです。

Baan Dee Deeのタイマッサージも、このチェンマイ式です。
ランナー文化も受け継いだこのチェンマイ式タイマッサージ、ぜひ一度お試しください。

SALON MENU
 

他のメニューを見る

 

関連記事

  1. タイマッサージの起源はいつ・どこで・だれが?

  2. タイマッサージって痛いの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

IMG_6164mini (2)

1980年生まれ千葉県出身。
バンコク式タイマッサージセラピストを経て、チェンマイ式のCCA認定インストラクターとセラピストをしています。
わたしの口癖「いいね!」はタイ語で「Dee Dee!」
いいね!が集まるサロンにしたくて『Baan Dee Dee』というサロン名にしました。

\Follow Me/

スクール公式LINEアカウントでは無料レッスン動画配信中!
サロン公式LINEアカウントではお得なクーポンと先行案内配信中!
友だち追加&インスタフォローお願いします!